非日常ウェディングを提案するベルラクールが月に一度お届けする「キャンドルナイトライブ」。
キャンドルハウスシュシュがプロデュースを担当しています。

次回は細谷公三香&本倉信平の2Cellosによるコンサートです。
学生時代、共に林俊昭氏のもとで研鑽を積み、その後それぞれの地、東京、ヴェローナ(伊)、ミュンヘン(独)でのコンクール優勝、音楽祭の参加などの経験を経て12年後に関西で再会を果たす。2本のチェロでのコンサートを重ね“Sparkling”を結成。今後も多彩なレパートリーでチェロの可能性を探求する公演を行っています。

食と音と灯りの豊かな時間をお過ごしください。

Artists

細谷公三香(チェリスト)
ヴェローナ音楽院に学び、首席で卒業。その間イタリアにて数々の室内楽コンクールで優勝、室内オーケストラ‘La Risonanza’ の首席を務めイタリア各地、ロシアでツアーを行う。又ヴェローナアレーナオーケストラと共演。その後ザルツブルグモーツァルテウム大学院に入学、ザルツブルグ音楽祭に参加。
2008年から2011年まで兵庫芸術文化センター管弦楽団に在籍。在籍中アフィニス音楽祭に参加。
その後ミュンヘンにて研鑽を積み、2013年に帰国リサイタルをはじめ、定期的にリサイタルを行う。またソロにとどまらず、全国各地のオーケストラに客演、チェロアンサンブル、室内楽シリーズの出演など幅広く演奏活動を行っている。
2015年4月より新しく創設されたオーケストラジャパンに在籍。
これまでに斉藤建寛、林俊昭、エンリコ・ブロンズィ、ウェン=シン・ヤンの各教授に師事、ヨーロッパ各地のマスタークラスに参加し、フランス・ヘルマーソン氏、クリストフ・ヘンケル氏などのレッスンを受講。

本倉信平(チェリスト)
音楽を愛好する家庭に生まれる。3歳にてチェロに興味を示し、9歳よりチェロを始める。国内外のチェロの名匠たちに師事し、研鑽を積む。近年は音楽活動のかたわら、畑にて自ら作物を育てている。
これまでに林俊昭、ミュンヘンにてライナー・ギンツェル、向山佳絵子、高田剛志、の各氏に師事。富山にてヴォルフガング・メールホルン氏のマスタークラスを受講。東京芸術大学を経て、現在、ソロ、室内楽、オーケストラ等幅広く活動している。